一生涯カップ麺しか食いません。

三度の飯よりカップ麺が好き。 私情入りまくり、勝手ですが評価しています。その他ニュースまとめ、アレンジなど。新企画盛りだくさん。

今週の人気記事(PV数)

    AD

    インフォメーションエリア
    ☆メディア出演情報☆
    【日時】2015年2月26日(木曜日)17:00~
    【番組】TBSラジオ(954kHz)荒川 強啓デイ・キャッチ!
    【コーナー】デイ・キャッチ!ニュースクリップ
    ☆最近のニュース☆
    キャンペーン
    キャンペーン

    赤から

    【レビュー】653個麺~寿がきや食品 赤から監修 カップ赤からきしめん~

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    ども。ねんごろです。 
    ちょっと肌寒くなってきましたね。今日なんて気温28度だったのに、全然暑くなかったです。
    直射日光がなかったからでしょうか。
    雨に濡れた体でクーラー直当たりだと、風邪ひきそうですね。
    実際僕の周りでも風邪気味の人がチラホラと・・・。


    そんな風邪気味っぽい時には、予防も兼ねて温かい×スタミナ系の食べ物がもってこいですね!
    ということでこちら!
    寿がきや食品「赤から監修 カップ赤からきしめん」です!

     
    続きを読む

    【レビュー】147個麺~寿がきや 赤から監修カップ赤からラーメン~

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    こんにちは、チリチリです。
    なんだかんだでカップ麺ばっかり食い始めてもうすぐ3か月になるわけなんですねえ~
    今僕たちは朝夜ともに8時に更新しているのですが、いつもその締め切り時間に追われて、遅れたときにはねんごろに怒られて大変ですわw
    でもやっぱ友達とかがブログの更新を楽しみにしてくれていて、たまに更新が遅れると「どうした?」とか「ブログまだかよ」とかlineが来るので締め切りって重要やと思いますわ~

    野球でもクローザーがしっかりしてへん球団はあかんのですわな
    逆に言えば終わり良ければすべて良しってことにして締め切りギリギリにうまいこと間に合うようにレビューしていきます!w

    ってことで締めといえば締めのラーメン!w激辛鍋の有名店が出したカップ麺がこれです!どん!!!  
    「寿がきや 赤から監修カップ赤からラーメン」です!今週の新商品です!!

    赤からといえば名古屋発祥の有名な激辛鍋店だと思うのですが、東京でも渋谷とかいろんなところにありますね!
    一回行ってみたいなあとは思いつつ辛いの苦手なチリチリは何が食えるんやろうと思って行ってませんわ
    んでもって辛い鍋を食った後に入れていたシメのラーメンが旨かったからこのカップ麺が開発されたそうですね!期待が持てます!
    続きを読む
    スポンサード リンク
    プロフィール
    【Mail】
    bonjincom3458@gmail.com
    【Twitter】
    @Bonjin_com3458

    【チリチリ】
    スチールウールのような天然パーマ。大阪出身ということもあり、コスパにうるさい。
    辛いもの苦手なのに、激辛系ばっか食べる。
    出汁のきいてるラーメンが好きで、塩ラーメンが好み。
    口癖は「野菜の甘み」。

    【ねんごろ】
    自称カップ麺界のディカプリオ。チョイ悪目指す、貫録ある体格。
    サッカー大好きで、現役当時から+15kgとなった体を揺らしあーだこーだサッカーを語る。
    アウトドアが好きで、カップ麺は外で食べるものだと考えている。

    【バーテン】
    2015年12月、一生涯カップ麺しか食わないことを宣言し、仲間入り。
    11月くらいにバーテンをはじめる。1日平均3時間、コンビニ・スーパーの
    カップ麺コーナーにて流行・廃りを研究することでカップ麺修行中。
    チリチリ・ねんごろも恐れをなすほどの急成長をとげている。
    とんこつラーメンの香りがする香水をつけようと考えている。おしゃれを履き違えている。
    Facebookページ
    twitter
    Amazonライブリンク
    ブログランキング
    にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
    にほんブログ村
    カップ麺を検索
    スポンサードリンク
    最新コメント
    メッセージ

    相互リンク・相互rss募集中です。

    名前
    メール
    本文