ども。ねんごろです。
GWからの5月病なんていう現代っ子丸出しの精神状態にありましたが、いつの間にか5月中旬どころか下旬と言っても差し支えないようになりましたねえ。
そろそろ梅雨入りも見えてきましたが、嫌な季節になりましたねえ。

子供ができた暁には是非こんなかわいい格好を雨の日にさせてあげたいなあと思います。大マジです(笑)

さて、本日紹介するカップ麺はこちらです!!
東洋水産「本気盛 辛赤とんこつ」です!!


定番、本気盛シリーズですねえ。マジモリと読むのですが、よくよく考えるとどこら辺がマジなんでしょうかね。

今回は豆板醤×豚骨というのが大枠でのコンセプトみたいです。

Twitterまとめ



評価は割れるみたいです。

実食 

2015-05-11-23-04-38

2015-05-11-23-04-51

2015-05-11-23-05-03

評価

見た目:70pt
いつもの本気盛のパッケージデザインです。赤を基調としたデザインで、食欲はそそられます。
出来上がりは色どりがあって、ネギ、特製ダレ、肉みそがバランスよくあって見た目が良かったです。
コスパ:70pt
定価は205円です。麺量は80gで大盛りです。
具材の食べごたえはそこまでありませんでしたがコスパは良かったです。
麺:45pt
本気盛といえばガッツリ太麺という印象ですが、今回は豚骨ラーメンっぽく細麺になっていました。
フライ麺の中細麺でしたが、麺自体は割とコシも弱くて主張も薄く、これ本気盛か~?と思う感じです。
豚骨ラーメンということで細麺にしたのだと思うのですが、スープに負けてしまっている感じがあります。いつもらしく太麺ガッツリってのが良かったんじゃないかなあと思います。
スープ:70pt
豚骨をベースに豆板醤が合わさっています。
獣臭さというか、動物性の風味は薄いような気がします。本格的というよりは人工的なジャンキー感のする豚骨味なのですが、それと豆板醤ベースの特製ダレがマッチしていたような気がします。
具材:60pt
挽肉、ネギが入っています。
挽肉は麺をかき混ぜるとどんどん沈んでいってしまうので、麺にからめて食べるのは難しいかもしれません。ただそれだけ重量感はあって味もしっかり付いていました。

image002


総合評価:63pt Bランク(平均がBランク)
及第点です。
ただ、本気盛らしくないなあ~と思います。麺が細麺になっているからだからかもしれません。
スープはジャンキー路線で豚骨と豆板醤の相性が良かったと思うのですが、麺との相性が良くなかったと思います。
本気盛という看板からしたら物足りない部分はあると思いますが、豚骨と豆板醤の組み合わせは一度食べてみるといいかもしれません。
----------------------------------------------------------------------
品名:東洋水産 本気盛 辛赤とんこつ
定価:205円(税抜き価格)
取得価格:216円(サンクス) 

ランキング参加しています!クリックお願いします!

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村