こんにちは、チリチリです。

最近おしゃれなカフェにはまっています。
コーヒーが好きとか、そこで何がしたいとか、そういう目的もなく、ただただ「カフェにいる俺ってかっこいい」
って自尊心を満たすためだけに行っています。そうです俗にいう自己満足w

とはいえ、最初は何がかっこいいかわからないのでブレンドコーヒーばかり頼んでいたのですが、
カッコつけてエスプレッソを頼んだこともありました.
皆さんはご存知かもしれませんがエスプレッソってすごーーい苦い奴で、
そんでもってめっちゃ小さいカップに入ってくるんですね。
それを初めて見たときは「なにこれめっちゃ小さいやん」とも言えずに、あえて本格的なものを頼んだで
的な顔でそのままやりすごしたりもしました。苦笑

ってことで今日はそんなカフェで最近チリチリが頼んでいるカプチーノみたいな泡泡のカップ麺です!!どん!!



カップ麺が泡っぽいとはいったいどういうことやという期待と不安しかありませんが
実はこの商品、開発に1年以上かかっているみたいでかなり試行錯誤している
とのことなので思いが詰まっているそうです。味にしっかり反映されているんでしょうか。。。笑


          
ってことでTwitter見てみたのですが、


かなりtweetされていたのですが、どうも泡の評判はそんなに高くないですねw

さあ実食です!


実食

2015-04-09-07-45-19
かやく入り粉末スープ、後入れの泡の元がそれぞれ1袋です。

2015-04-09-07-50-25
具材とかよくわからないくらいの泡です。この写真だけ見たらカプチーノですねw
肉そぼろ、食感の良いキクラゲ、ごま、ねぎ、にんにくが入っているそうです。

2015-04-09-07-51-32
麺はスーパーカップ特有のカドメンでしっかりとした存在感を主張しています。
スープは約5分ほど泡感が保たれており、麺に絡んできます。


ってことで完食したので評価です!

評価

見た目:100pt
パッケージはおなじみのスーパーカップのあのデカデカしたやつです。
そして今回注目すべきはその中身!ほんまに泡泡しています!カプチーノですこれは!
今までのカップ麺でこれほどのインパクトを感じたことがあるだろうか、いやない(反語)。
美しい、食欲をそそるというよりはただただインパクトのために加点しました。
コスパ:75pt
定価は200円で、麺は90gということで、さすがカドメンボリュームはしっかりありお得感があります。
カドメンはしっかりと歯ごたえがあって、食べ応えはありますが、スープに関しては泡のような感じで
量以上に食べ応えがないというか、空気がぼぅあってなっているので騙された感があります。
麺:75pt
さすがカドメン!と言わんばかりの歯ごたえで、弾力があり、モチモチ感があります。
つるっとした舌触りで、滑らかな食感が楽しめます。麺の存在感はしっかりしています。
スープ:60pt
正直泡に関してチリチリはあまり肯定的ではありません。笑
ってのも本来であればしっかりとした豚骨の風味が楽しめたであろう物の、泡が入ってしまうことで
かなり味がぼやけてしまった印象だからです。ただカップ麺でこの食感!?と思えたのはうれしかったですね。
具材:50pt
具材のバラエティはそこそこ、ボリュームに関しては泡が印象に残りすぎてあまり感じられませんでした。
今回は泡メインの商品だと思うので、具材に関しては以前通りの豚骨の具材を入れたのではないかなと思いました。




総合評価:72pt B+ランク
(平均がBランク)
味自体はどうかなあって印象ですが、その商品の見た目のインパクト通りの味と食感が楽しめました。
ふわふわなで面白い食感でスープのうまみがあまり活かされていなかったものの、
ジャンキーさとおしゃれさが共存していたような気がします。

このような新たな角度からの商品というのが増えていくとカップ麺市場も活性化していくのではないかと思いました。
----------------------------------------------------------------------

品名:エースコック スーパーカップ1.5倍 衝撃の泡立ち 豚骨醤油ラーメン
定価:200円
取得価格:216円(マルエツ)


大喜利やってみた

さあさあ今日も大喜利やりまっせ!
アプリも出てる人気サイトboketeの新着記事から画像拝借しました!
みなさんもこの画像で考えてみて!!
01cfa1ad093c682cfdd55f32dacabbaf_400





↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓



外国人が思い思いに土下座をしてみた

さあみなさんなら何を入れてみますか?

ランキング参加しています!クリックお願いします!

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村