ども。ねんごろです。
ようやくインド旅も一段落して、落ち着いて記事が書けるようになりました!
不在の間もコメントいっぱいきていて、とてもありがたいです!ちょくちょく返していきますね!!
まあ、色々と感じることは多かったのですがただ一つ言いたいのは「また行きたいなあ」と思ったということ。
一生で一回でいいから行ってみたい、半ば怖いもの見たさみたいなところがありましたが見事に裏切られました。いい意味で。
旅の途中から日本に帰るの寂しいなあとか、次インド来たらどこに行こうかななんて考えるようになるとは思ってもいませんでした(笑)
2015-03-19-14-59-17
こういった世界遺産はもちろんですが、やはり人と人のぶつかり合い。そこが面白かったです。辛い部分でもありましたが。

さあ、インドの話ばっかりしていても仕方ないのでこの辺で(笑)
日本帰ってきたらとりあえずめちゃめちゃ濃い豚骨ラーメン食べたいなあと思っていたので迷わずこちらをチョイス!
ヤマダイ株式会社「ニュータッチ 凄麺 熟炊き博多とんこつ(四代目)」です!!


久々?の凄麺シリーズな気がします。 

豚骨というと明星の独壇場という認識がありますが、麺のクオリティの高さでは有名なヤマダイがどれくらい作りこんでくるのか興味がありますねえ。

Twitterまとめ




特に新商品という訳ではないのですが、比較的スーパーなどで手に入りやすい商品なのか呟かれていました!

実食 

2015-03-23-10-48-58

2015-03-23-10-49-17

2015-03-23-10-49-31

評価

見た目:65pt
ラーメンどんぶりを模したパッケージはカラフルでちょっとかわいいですね。フォントが相変わらずの硬派な感じでミスマッチですが(笑)
出来上がりは一般的な豚骨ラーメンを踏襲しています。紅ショウガもあってGOODです。
コスパ:45pt
定価は210円でした。麺量は60gで平均的な量です。。
具材の食べごたえは物足りないですね。全体のコスパは悪いと思います。    
麺:70pt
ストレートノンフライ麺の細麺となっていました。湯戻しは90秒で、食べ始めはかなりバサバサしているというか、ごわごわしているような気がします。博多麺の持つしなやかながらも芯があるというタイプとはちょっとまた違うのかなあという印象です。
ノンフライでこれはこれで美味しいのですが、粉っぽさとかしなやかさとか少し凄麺というところにこだわりすぎて道を逸れてしまったのかな?という感じです。美味しいのですが(笑)
スープ:85pt 
しっかり炊きあげられていてかなり濃厚なスープになっています。
コクもあり、豚骨の風味もありで満足です。HPには炒めた豚肉のペースとを加えたと表記されていますが、そういったひと手間が感じられるスープでした。
具材:65pt
チャーシュー、すりごま、ネギ、キクラゲ、紅ショウガが入っていました。
紅ショウガとキクラゲは食感のアクセントになっています。ただ、キクラゲの存在感が薄かったような・・・。
すりごまは風味があって美味しいです。

ヤマダイ株式会社 ニュータッチ 凄麺 熟炊き博多とんこつ


総合評価:66pt Bランク(平均がBランク)
なかなか美味しかったと思います。
凄麺シリーズにしては珍しく麺よりもスープの点数が伸びてますが、麺が悪かったというよりもスープが美味しかったなあという感じです。
麺は・・・ちょっと凄麺のハイテク感が濃厚スープに合わなかったんじゃないかなあと思います。
スープはしっかり豚の風味を感じられるなかなかの一杯でした!!!
----------------------------------------------------------------------
品名:ヤマダイ株式会社 ニュータッチ 凄麺 熟炊き博多とんこつ(四代目)
定価:210円(税抜き価格)
取得価格:188円(スーパー)


ランキング参加しています!クリックお願いします!

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村