ども。ねんごろです。
言い忘れてましたが、明日からまた海外に行きます。
最近は我らが一生涯カップ麺しか食いません。も海外色豊かですねえ。先月のねんごろグアムチリチリイタリアとなかなかな海外志向です。
僕らも高まるグローバル化の流れに乗っかって、海外でも存在感を出していきたいなと思います。
という前置きは置いておいてですね、インドに行きます。

この本をヴィレッジ・ヴァンガードで初めて見かけたときは、絶対インドなんて行きたくねえ~~~なんて思ったものですが心境の変化とは怖いものです。お腹壊さないかどうかだけ心配です。 

ということでですね、本日紹介するのは海外志向高まるねんごろチョイスのカップ麺です!
日清食品「味仙 台湾ラーメン ビッグ」です!
 
でました、台湾ラーメン!!名前は海外っぽいですが、名古屋人に合わせた料理で名古屋生まれHIP-HOP育ち(一度やってみたかった)のJapaneseラーメンですね。

コチラの商品、サークルK系列限定のPrimeOne商品でしたがなぜかAmazonで取り扱ってました!
そういえばファミリーマートとサークルKが統合するとかいってますがどうなんでしょう。
個人的にはファミマもサンクスもそれぞれPBがしっかりしているので統合されるのは勿体ない気がしますが。カップ麺ファンの見解としては。

さて、当ブログでも幾度となく登場してきた台湾ラーメン。
その台湾ラーメンの始祖ともいわれる味仙の台湾ラーメンですね。(ウィキペディア調べ)
過去には今は亡き、とかち麺工房さんが商品にしていたみたいです。今回は下調べいつにも増してしっかりしました(笑)

Twitterまとめ






話題になってました!
それよりも気になったのはサークルKをマルケーと呼ぶんですね!!!びっくりしました(・∀・)どこ地方なんだろう。

実食 

2015-03-11-01-15-49

2015-03-11-01-16-11

2015-03-11-01-16-33

2015-03-11-01-16-56

評価 

見た目:70pt
台湾料理店っぽいカラーリングですねえ、国道沿いにこういうお店いっぱいあります(笑)
できあがりは彩りがそこそこあって、食欲がそそられます。
コスパ:65pt
定価は186円でした。麺の量は80gで普通盛りです。 
具材の食べごたえはほとんどありません。ただ、麺の量がビッグサイズなので多いのが良かったですね。
麺:75pt
フライ麺でした。ストレートフライ麺ということで、日清はやはり安定していますね。
もちっとした食感で美味しく食べることができました。スープとよく絡みますし、フライ麺のジャンキーさが良い方向に働いていた、なかなか高評価な麺です。 
スープ:85pt 
チキンエキスがしっかり効いていて美味しかったです。
そのなかにも辛みと醤油の風味がしっかり出ていて、ニラ、挽肉の風味もプラスされてなかなか奥深い味付けになっていたと思います。さらに、ニンニクがしっかり効いていたというのもGOODでした。美味しいです。
台湾ラーメンというと、なかなか辛いあっさりしたラーメンという部分でコクを感じることは難しいのですがこの商品はしっかり作りこまれていたと思います。辛さはそこまでないので意外と辛いのが苦手な方でも食べられると思います。
具材:65pt
ニラ、挽肉が入っていました。肉は二種類だと思います(成分表)
挽肉にはしっかり味がついていて美味しかったです。ニラはもう少し量があればなあ~。台湾ラーメン自体そんなに具材が充実しているわけではないので、まあこれくらいでしょう。


総合評価:61pt Bランク(平均がBランク)
美味しかったと思います。
麺は日清食品の技術力をしっかり感じることができましたし、麺とスープのバランスもよかったです。
スープはかなり本格的な仕上がりになっていて、美味しかったですね。ニュータッチ 凄麺 名古屋台湾ラーメンもかなり美味しかったですが、これもなかなか。辛さは凄麺シリーズの方が辛かったと思います。
こちらの味仙の商品は、麺がフライ麺でガーリックもしっかり効いているので少しジャンキーな雰囲気はあってその違いを楽しむというのもいいかなと思います。
----------------------------------------------------------------------
品名:日清食品 味仙 台湾ラーメン ビッグ(PrimeOne)
定価:186円(税抜き価格)
取得価格:200円(サンクス)

 

ランキング参加しています!クリックお願いします!

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村