ども。ねんごろです。
最近、チリチリがどん兵衛の食べ比べを立て続けにやっていたので、僕も食べ比べしようかなって思いました。
エースコックのエスニックカフェ トムヤムクンヌードルを食べた際に、日清からもカップヌードルとしてトムヤムクンが出ているというお話はしたと思います。
ただ、日清のほうは品薄が続いていてなかなか手に入らなかったのですが、近所のコンビニにて偶々発見したので確保。
てことで、トムヤムクン食べ比べしてみますね。
 
本日の商品は日清食品「カップヌードル トムヤムクンヌードル」です!


店頭にも並んでいないし、インターネットでも話題になっているお蔭か、日経トレンディ2014年7月号にて「2014年上半期ヒット商品ランキング」にもランクインしていました!
今年の夏のマストアイテムですね(・∀・)つ 

この商品がここまで話題になった理由はいくつかあると思いますが、日清食品の力の入れようという点も大きな影響を及ぼしているんじゃないかなとも思います。
なんでも、トムヤムクンの本場、タイにある現地法人「タイ日清」の協力を得てこの商品を開発したみたいです。
日本人が開発した”エスニック風”トムヤムクンではなくて、本気トムヤムクンなわけですw(゚o゚)w オオー!

Twitterまとめ

Twitterを巡回した感じ、尋常じゃない話題性&人気っぷりみたいです(笑)
幸運にも巡り会えたことに感謝して、いただきます!!

実食

image
カップヌードルシリーズには珍しい、後入れスープですね。
image
ちょっと写真手ぶれしましたが、中央にある赤黒いペーストがトムヤムペーストです。
image

評価

見た目:70pt(エースコック トムヤムクン:75pt)
コリアンダーが入っていて、色合いがGOODです。
パッケージも、タイ日清との協力を示唆するタイの国旗がプリントされています。
コスパ:70pt(エースコック トムヤムクン:80pt)
173円で購入。
価格はエースコックのものより高かったのですが、いつものカップヌードルと同じ価格設定です。
麺はこちらが60gで少し多めです。
ただ、定価はエースコックと変わらない170円なので安売りされてなければ日清のほうがコスパは良いですね。
麺:65pt(エースコック トムヤムクン:60pt)
いつものカップヌードルの麺ですが、クリーミーなスープとよく絡んで相性がいいと思います。
スープ:90pt(エースコック トムヤムクン:80pt)
最大の違いがスープに表れていたと思います。
日清のカップヌードルは、辛みが強くスパイシーな仕上がりとなっています。酸味も効いていて、夏にぴったりな仕上がりになっています。 
たあだ、エスニック感に関してはエースコックのほうが一枚上手かもしれません。 
具材:45pt(エースコック トムヤムクン:60pt)
具材は残念ながらエースコックの勝ちですね。
エースコックのものはチンゲン菜、パプリカ、香草(何種類か)が入っているのに比較して、こちらはマッシュルームとコリアンダーが入っているものの、少しエスニック要素に欠けていたかなという印象です。

日清食品 カップヌードル トムヤムクンヌードル

総合評価:68pt Bランク(平均がBランク)(エースコック トムヤムクン:71pt B+ランク)
この対決はエースコックのトムヤムクンヌードルに軍配が上がりました!!どん!!
勝負を分けた要因としては、具材が大きかったと思います。
香草の量が全体の仕上がりとして、エスニックな香りや味をどれだけ表現できているか、見た目としての色合いの良さにも影響してきたと思います。
ただ、スープの酸味やスパイシー感などのクオリティはカップヌードルの方が高く感じられました。どちらかというと、エースコックがコアなエスニックユーザー向けで日清のカップヌードルの方がライトなユーザー向けとして区別できると思います。
エスニック料理食べてみたいけど、挑戦するのなんとなく怖いな~なんて方にはおススメですね!!
といっても、品薄でなかなか見つからないので大変かとは思いますが、今の世の中は便利なものでAmazonをはじめとしたネットショップで手軽に購入できるので探してみるといいかもしれません!
-----------------------------------------------------------------------
品名:日清食品 カップヌードル トムヤムクンヌードル
定価:170円(税抜価格)
取得価格173円(サンクス)


ランキング参加しています!クリックお願いします!

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村